LEC : 悲しみの Playoffs

楽しみにしていた playoff が悲しい終わり方だったから適当に感想を述べます。
試合のネタバレを含むので、注意してください。
コメントは自由です。

Semifinal OG vs FNC
Game1
semifinalgame1.jpg

FNC が sona + taric をやった試合。ピックした時の Bwipo がにっこにこだったことを考えるとチームとして自信があったのだと思われる。
それに対するOGの解答は varus + blitzcrank 。試合後に yamatocannon が言ってたのは、sona taric だと taric が序盤CSを取るわけだけど、taric は前に出ないとCSを取れない、そこをブリッツがフックできるのでガンクが決まってしまう、 sona taric はそれを恐れて ウェーブのコントロールを失うということ。
相方が varus なのは私見だけど、序盤のレーニング(特にレベル6前)からキルプレッシャーが高い、5対5の集団戦をしたい sona taric に対してウルトでディスエンゲージできる、Eで手軽に重傷を付与できる、とかそこらへんじゃないかなあと思う。
zed も sona + taric のカウンターとして用意していたのだと思われる。そっちが5対5したいなら zed でサイドレーンコントロールするわ、って感じ。
実際の試合では、blitz がボットレーンでフックを決めまくり、そこからOGがスノーボールして圧勝。見ていて悲しい試合だった。

ドラフトを見ていてそれでいいのかFNCと思った点を挙げていきます。

その1:Rekkles がキャリーしなくていいのか?
レギュラーシーズンの序盤全く勝てなかったFNC。後半になって調子を上げてきたのは、チーム全体でRekkles を勝たせてキャリーさせることができていたから。にもかかわらず、その勝ち筋を捨てたことは疑問。

その2:Nemesis がキャリーしなくていいのか?
レギュラーシーズンでタンクミッドなんて一回もやってない。Rekkles がADC 取ってたならまだわかるけど、そういうわけでもない。kayle とか vayne でダメージの中心を担ってたやつにタンクミッドやらせて、誰がダメージ出すんだって話。

その3:Broxah にキャリー任せていいのか?
正直 Broxah のレギュラーシーズンはひどかった。序盤のプレッシャーもない。集団戦の仕事もそこまで重要なことはしない。結果、誰がやってもそこそこ安定する karthus でごまかしてきた。明らかにキャリーを任せられる状態と思えない。にもかかわらず、Broxah にdps の中心を任せる構成にしてしまった。

その4:Bwipo レーン負けるけどいいのか?
レギュラーシーズン Bwipo は、ほとんどレーン負けてた。それにもかかわらず、なんでFNCは勝ててたのかっていうと、レーン捨ててボットレーンを勝たせる動きに参加してたから。CS差経験値差つけられてるけど、集団戦では仕事するし、ボットレーンの少数戦に必ず参加するし、そういう動きでレーンの負けをカバーしていた。ってことは、Rekkles がキャリーしないならその強み消えるよね。

その5:Hylissang にtaric 任せていいのか?
sona + taric は、taric が難しい。ウルトの発生が遅いので、いつウルトを詠唱するかがとにかく難しい。早すぎると相手に下がられてしまう、遅すぎるとダメージを食らいすぎて集団戦負けてしまう。そんな大役を意味不明な動きで死にまくってた Hylissang に任せていいのかって話。

その6:mid zed が見えてるのにlast pick を mid にする意味ある?
mid zed 見えてんだから4th pick はmid 出して last pick に top を残せばいいんじゃないのか?よくわからん。

Game2
semifinalgame2.jpg

今度はOGが sona + taric やった試合。対するFNCは twitch + annie 。annie が sona + taric 対策で出て来たのかは謎。序盤のキルプレッシャーはあるかなあ、ぐらい。多分対策にはなってない。
構成全体を見ても、5対5をやりたい sona + taric に対して、正面から5対5で戦おうとしている。それでいいのか FNC?
試合内容は、途中までFNCがうまくやっていたものの、sona + taric の時間が来てからどうしようもなくなって OGが勝利。
Hilissang の annie が途中からお荷物だった。

Game3
semifinalgame3.jpg

ついにFNCが sona を ban した。使って負けて、使われて負けたんだから当たり前の結論。
試合内容は、Rekkles を勝たせる動きが完璧にできて、そこからスノーボールして圧勝。最初からやれって内容だった。

Game4
semifinalgame4.jpg

同じ構成で戦うFNC。さすがに対策されて試合終了。ashe + tahm kench に kaisa + pyke でレーン勝つのは無理。じゃあ、いつも通りボットレーンを助けたいわけだけど、GPがいるのでそれもできない。なんなら、レーンでGPに aatrox がやられすぎてて助けに行くとかいうレベルじゃない。前にも書いたけどFNCの赤サイドは弱い。ラストピックを全く生かさないドラフトは修正されずに終わった。
Hylissang の pyke は、最初から最後までお荷物だった。

まとめ
sona + taric に振り回されて2戦落とし、ドラフトの幅が狭すぎるのをつかれて負け。最初の2戦がなければ、相手の対策に対する対策が見れたはずなんだが・・・。あまりにも不完全燃焼な終わり方。悲しい。ただ、FNC 納得の敗北といった内容。結局赤サイド問題解決できてなかったから、最初から sona ban しててもダメだったと思う。(多分、OGがサイド選択権優先のはずなので最低3回赤サイドやらされてたはず)


Final G2 vs OG
Game1
finalgame1.jpg

G2 が sona + taric やった試合。galio sup が見えたのがでかい。blitzcrank と違い、タワー下でCS取っていてもQのつむじ風が来る程度なので、ファームは安全にできる。というか、OGの準備不足感が否めない。varus をFNC戦と同じように取ったけど、後手後手の印象が強い。
実際の試合では、varus が大事な場面で sona のウルトにキャッチングされ、バロンを取られてそのまま負け。フラッシュクレンズ持っていようが、CDがウルトとは全然違うので一回サモスペ使わせてしまえば varus はどうしようもない。sona + taric 対策で用意していたものが足を引っ張った形。実際 blitzcrank ありきの対策だったので、varus は全然効いてなかった。
あと、Wunder の irelia に対して後出しの hecarim でずっとレーン負けてたのも痛い。

Game2
finalgame2.jpg

各所で話題のG2の sona + taric 対策。この画像だとわからないけど、morgana + pyke がボットレーンで、xayah + rakan はファンネリングします。詳しい分析は偉い人がやってくれると思うのでしませんが、sona + taric にキルプレッシャーがないので、ボットレーンは一人で耐えれる morgana に任せ、 pyke はローミングするって感じだった。ファンネリングは最初から決めてたのか、mid の相手を見てから決めたのかは不明。ただ、morgana を 4th pick しているところを見ると、何が mid にきてもファンネリングしてたような気はする。
試合では、pyke, rakan のガンク性能を生かして、トップレーンを破壊。Wunder の ryze がスノーボールして終了した。
あと、Mithy の パフォーマンスがひどかった。

Game3
finalgame3.jpg

使われて負けて、使って負けた sona + taric を ban しなかった結果、相手に ban されてしまった。本来、ban してくれてありがたいはずなんだが、この場合違う。使われて負け、使って負けたにもかかわらず、ban しなかったってことは、相手が使うパターン、自分たちが使うパターン、その両方について対策をインターバルで頭の中に叩き込んできたということを意味する。にもかかわらず、相手にban されてしまうと、その叩き込んだ情報がすべて無意味となる。心理戦で完全に負けたと言っていい。実際の試合内容があまりに一方的だったのは、インターバルでの準備が全く試合で役に立たなかったからだと思う。明らかにチームとしての動きができていなかった。あと、それとは関係なく、Mithy のパフォーマンスはひどかった。
やはり、使われて負け、使って負けたのだから当たり前の結論、「自分たちで ban する」を選ぶしかなかったと思う。

まとめ
Reapered 先生は、ドラフトは選手とコーチ両方に責任があると言っていた。でも、このマッチに限って言えば、OGのコーチ陣がお粗末だったと思う。1試合目に galio を取って、sona + taric を返されたこと、3試合目に sona + taric を ban しなかったこと。どちらも選手というよりコーチの方針に問題があるように感じる。選手たちに責任があるとすれば、3試合目でボロボロになったところを見ると、コーチの指示が十分でなかったときに自分たちで考える力がなかったことだと思う。「マウスを握っているのは選手」の精神を少しは見習ってほしい。


総評
3か月見てきたLECがこんな終わり方だったのが悲しい。NAは TL、TSM、C9の3強状態で、Playoff の見ごたえがあった。それに比べて EU はあまりに不完全燃焼。非常に残念。
救いがあるとすれば、EU がお粗末なことと、G2 の強さは関係がないということ。MSI ではちゃんと活躍してくれると思う。
特に Wunder のパフォーマンスがずっとよかった。世界的にも top のキャリー力が高いチームが優勝しまくってる(NA除く)ので、G2も期待できる。



MSI の記事は書かないと思う。

macro11

"LEC : 悲しみの Playoffs"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: