Worlds 2019 各チームのザヤ対策 part8

続き

xayah45.jpg

AHQ : グラガスファースト、カイサノーチラス先出し。ビクターとGPでポークとゾーニング。ザヤ対策としては十分。グラガスのプレッシャーをモルガナで緩和されてる点だけ痛い。
IG : グラガスノーチラスのプレッシャーをオラフとモルガナで緩和。試合では TheShy が強すぎた。

xayah46.jpg

TL : ラカンを ban されたので bot の安定ピックであるカイサノーチラスを優先。グラガスヤスオ bot が確定してからスワップを見据えて top サイオンをピック。敵のレンジが短いのでアニビア先出し。問題は返しでコーキをピックされたこと。確定エンゲージがノーチラスしかないので、コーキのポークがきつい。サイオンとアニビアがアンチシナジー(壁とサイオンのウルトの相性が悪い)なのも問題。マークスマンのいない相手の構成にコーキがぴったりとはまってしまった。試合ではスワップ戦術によって500Gの有利を作ったが、直後のドラゴンスローで1500Gの有利を取られた。悲しみ。
DWG : ラカン ban で牽制。グラガスヤスオのフレックスを生かしたドラフト。ただ、レクサイが見えた時点でグラガスヤスオ bot がほぼ確定。返しのサイオンでスワップの有利を取られてしまった。意外と生かすのが難しい。最後のコーキが完璧なピックだったので大きな問題にはならなかった。

xayah47.jpg

TL : ザヤファースト。カイサ ban だから当然のピック。ザヤが苦手なポークができるエズリアルを取られたが、エズリアルに対してルブランでカウンターが取れた。ルブランのカウンターとしてリサンドラ(Wのスネア)、チョガス(Wのサイレンス)を取られている。J4 のエンゲージがザヤとGPに刺さっているが、合わせるのがエズリアルとリサンドラなのでダメージが足りるか微妙。お互いに相手のやりたいことをカウンターできる要素をそろえていてドラフトでは有利不利がついていない印象。GP先出しに対してカウンター(Vizicsacsi によれば)のチョガスを取られたのだけ痛かったが、実際にはGPがレーンを勝ったので問題なかった。
AHQ : ザヤに対してポークができるエズリアル、ユーミをピック。プッシュができないので序盤のレーニングはザヤラカンにかなわない。ザヤはポークが苦手だけどレーニングではそこが出にくい。ザヤラカンに ban が割かれやすいのはここらへんに理由がある。J4 が刺さっているが、全体としてポーク構成なので試合ではいいエンゲージを見つけるのが難しかった。ラストピックのチョガスでGPにレーン負けたのも痛かった。やはりあれは Vizicsacsi だからできたことなのだろうか。

xayah48.jpg

DWG : アカリファースト。カイサ先出し(厳密には bot シンドラだったので後出し)。ジェイスが見えてからブラッドを出したのが意外。Nuguri のレーニングを信じてないと絶対できない。実際かなりぼこられていた。カイサを殴る対象が難しい。ノーチラス以外バーストが出るチャンピオンしかいないのでウルトで適当に入ることはできない。実際の試合では ShowMaker がキャリーして何とかといったところ。バロンでのミスもあり、危ない試合だった。
IG : カイサに対してシンドラノーチラスを当てた。アカリファーストに対してあまりアカリ対策のピックはそろえていない。win レーン win ゲームしか考えてないといった感じ。top は圧倒的に勝ったが、狙いのピックだったはずの bot がイーブンか負けていた。レオナのプレッシャーがシンドラに刺さってしまった。win レーン win ゲームしかできないというのが如実に表れた試合。

xayah49.jpg

DWG : レネクトンファースト。カイサノーチラスに対してザヤオーン。オーンサポートは今大会初。レネクトンタリヤで序盤のテンポを作り、スケーリングをオーンでカバーする。ヤスオとのコンボも強い。レーニングはどうかと思ったが、イーブンで戦えていた。相手が相手なのでそこまで強いピックかはまだわからない。
AHQ : カイサノーチラス先出し。ジリアンでゾーニング。サイオンの硬さを生かしてフロントラインの解かしあいの勝負。解かしあいと言ってもサイオンはザヤにカイトされるのでいいアイデアではない。全体的にザヤ対策は足りていない。

xayah50.jpg

IG : ラカン ban で牽制。グラガスファースト。キヤナとブラッドミアで張り付き。カイサアリスターでレーニング。ザヤへのプレッシャーは高い。ブラッド先出しが通用するのはドラフト上強い。
TL : ラカン ban されてもザヤをピック。Doublelift が中心なので当たり前ともいえる。ただ、ザヤに対するプレッシャーを減らすような構成にはなっていない。これではザヤがキャリーするのは難しい。試合では、Jensen がソロキルされてキヤナのスノーボールが全体に波及して終わった。Nuguri をソロキルした Impact のエイトロックスだったが、普通にレーン負けて、普通にガンク刺されて終わった。TheShy に通用しなかったというより、Nuguri の時もレーンは負けてた。レーン負けてもスキルをすべて当てればソロキルできるというマッチアップなだけで、あまりいいピックではないと思う。



KR を信じて 58P もらったので、ノックアウトステージも KR を信じます。

macro11

この記事へのコメント