LEC:チャンピオンの今昔

パッチ 9.4 になって全然勝てなくなったチャンピオンがいるから紹介します。
思うところがある人は自由にコメントしてください。

kaisa と ezreal だよ。

kaisa の成績がこれ
kaisa94.jpg
詳細が見たい人はこちらからどうぞ。gol.gg

ezreal の成績がこれ
ezreal94.jpg
詳細が見たい人はこちらからどうぞ。gol.gg

ezreal が一勝してるけど、相手が kaisa だからこいつらが最底辺ってことだね。

1. kaisa
どうしてこうなった?って話だけど、そのために kaisa の強みを挙げてみようと思う。

・物理・魔法の混成ダメージでタンクを解かしやすい。
・バックラインにウルトで入ってバーストを出してアサシンする動きが可能。
・パッシブのスタック回収による減少HP割合ダメージがあるのでドラゴン・バロン獲得しやすい。
・E進化で疑似的に機動力アップ。

他にもあるかもしれないけど大体こんな感じだと思う。これらが今どうなったのか見ていくとこうなる。

・物理・魔法の混成ダメージでタンクを解かしやすい。
→ urgot が環境から消えた。urgot のカウンターとしてピックされてた sion も消えた。jg や sup にタンクは残っているものの、urgot, sion に比べると柔らかく、kaisa の役割対象が環境からほぼ消えてしまった。urgot や sion は、確定CCがなく機動力も低いので、特にkaisa で対処しやすい部類のタンクだった。
じゃあ urgot や sion の代わりに top に何が出てきたかっていうと、renekton, kennen, j4, vladimir, irelia , aatrox, yorick あたりがピックされてる。(あと、ban されすぎて出てこれない jayce) aaレンジが短く(レンジ525)、メインダメージのQの射程も短い(600)kaisa にとってこいつらにダメージを出すのは非常に危険。仮に味方がCCをかけてくれて殴れたとしても、CCが切れた瞬間に逆襲されかねない。
kaisa の強みが減ってしまったと言える。

・バックラインにウルトで入ってバーストを出してアサシンする動きが可能。
→敵にも味方にも j4 がいることが多くなり、ウルトでバックラインに入るのが難しくなった。

LECのパッチ9.4におけるpick率上位がこれ
picks94.jpg
詳細はこちらからどうぞ。gol.gg

j4 が ban or pick 100%な上に pick 率もダントツ一位。top, jg フレックスだし、流行りの sup galio と相性がいいので仕方ないね。

敵に j4 がいる場合
j4 にウルトを使われるとウルトでしか壁を抜けられない。ウルトを使ってしまうので、バックラインに入ることができなくなってしまう。つまり、その間味方が集団戦をすることができない。エンゲージをすることもされることも許されないのでチームの動きに制限がかかる。ウルトの交換なら別にいいのでは?と思うかもしれないが、j4 以外にエンゲージがあった場合、kaisa はそれにウルトで返せないのでフラッシュを切ることになる。キャリーのウルトがない方が損だと言える。特に、最近はエンゲージ・キャッチング要素を持っているチャンピオンのピックが増えているので、損になりやすい。

ウルトを使わされる perkz。




2段構えのエンゲージにフラッシュを切らされるperkz。


味方に j4 がいる場合
j4 のウルトにはハードCCがない。(壁の発生によってノックバックすることはあるけど毎回狙えるものではない)つまり、j4 のエンゲージに kaisa のウルトを合わせることができない。また、前に述べたようにAAレンジ、Qのスキルレンジが短いので、j4 の壁が邪魔でダメージが出しにくい。

壁が邪魔でAAできない attila 。(※パッチ9.3の試合)


こんな場面ばかりではないものの、レンジの短さをEのMSアップやウルトのブリンクでカバーして集団戦を立ち回る kaisa にとって、戦場が狭くなりやすい j4 のウルトは相性が悪いと言える。

j4 に合わせられない upset 。

この形の集団戦に kaisa が合わせろってのが無理な話だと思う。

aa レンジが短いと言えば、sivir もだが、sivir のQの射程は1200あるし、チャンピオンにあたってもダメージが減らなくなったので、複数に当たれば当たるほど効果的で、j4 のウルトのAOEダメージともシナジーがある。kaisa のQもAOEだが、ダメージの総量が決まっていて、敵が複数いる場合ダメージが分散する仕様なので、あまり合わない。

珍しく完璧なエンゲージをする xerxe とそれに合わせる sivir 。


・パッシブのスタック回収による減少HP割合ダメージがあるのでドラゴン・バロン獲得しやすい。
・E進化で疑似的に機動力アップ。
→パッチ9.3でストームレイザーが変更され、ストームレイザー(2800G)初手ではなく、IE(3400G)初手が主流に。その結果、ASを稼げなくなり、パッシブのスタック回収が難しくなった上に、E進化も遅れるようになった。
昔のストームレイザーは 2800Gで ad+60, as+35% の破格の性能だった。このおかげでQ進化がストームレイザー(60)+ピッケル(25)でできる(残りの15はルーンとかレベルアップで容易に補える)し、E進化がストームレイザー(35%)+AS靴(35%)でできた。(残りはレジェンド迅速(18%)+ルーンステータス(10%)+レベルアップで容易に補える)
Q進化については、BF(1300G)+ピッケル(875G)×2に直行するビルドが開発されてなんとか序盤に達成可能に。ただし、これをするとASが全く稼げないので、パッシブとの相性が悪いし、E進化も遅れてしまう。パッシブを生かすために王剣(3200G ad+40 as+25%)に早めに行くビルドが出てきてはいるが、今度はQ進化が遅れてしまう。
結局、Q進化+E進化+パッシブを生かせるAS、のすべてを手に入れようとすると、3コアくらいまで必要になってくる。
昔はパワースパイクが早いチャンピオンと言えたが、今では他のクリティカルビルドマークスマンより遅い部類になってしまっている。

まとめると、パワースパイクが遅くて、パワースパイクが来ても活躍する環境が作りにくいチャンピオンになっていると言える。
あと、相方は alistar じゃなくて rakan くらいのエンゲージ力があるやつじゃないとダメだと思う。sup じゃなくてもハードCCをバックラインにかけやすいやつ( nocturne とか zac とか)が味方に欲しい。




ezreal 編は未定。
あとついでなんで、xerxe の活躍貼っておきますね。


macro11


この記事へのコメント

  • おれもxerxeちょっと好きになってきた
    2019年03月13日 13:08